VOL.76【人生初で自分を成長させる】NO.4 Gコンセプトトランプゲーム

本日のテーマ:【人生初で自分を成長させる】NO.4

本日のテーマ:【人生初で自分を成長させる】NO.4

今回のMr.KOBAの人生初!!

Mr.KOBAとFB等でつながってる方は・・・・

月2回ほど、、、、

怪しい トランプゲーム中の写真を見て頂いてる方も・・・

えっ

あやしい・・・・

怪しくありません!!!

実は 月1回、名古屋・タイでGコンセプトトランプゲーム(黙示伝授)というトランプゲームを開催しています!!

↓こんな感じ(こちらはタイで開催させていただいている風景)

<以下は Gコンセプトトランプゲームの説明を引用させてもらってます>
G-コンセプト トランプゲーム(黙示伝授)は、デザイナーの我空徳生氏が開発された、調和力がアップするオリジナルのトランプゲームです。4人1組でゲームを進めながらトランプに含まれる22枚の“スターカード”を取り合います。

■勝ち負けを競わないゲーム

G-コンセプト トランプゲームの大きな特徴は【一緒にゲームをする4人の間で勝ち負けを競うものではない】ということです。G-コンセプト トランプゲームでは、ゲームの最初に一人ずつ、自分は今回何枚のスターカードを獲得するかを宣言し合います。そしてゲーム終了時に4人とも宣言どおりの枚数を獲得していたら4人全員が成功(これを“全能成就”と呼びます)、一人でも獲得していなかったら全員が失敗となります。4人全員で調和し協力し合って全能成就を目指すゲームであり、獲得したスターカードの枚数を競うものではありません。

■自分の能力を発揮し、まわりと調和する力を磨く

ゲームがスタートすると、ゲーム終了まで4人は一切しゃべることができません。自分以外の3人がどんなカードを持っているのか、何を考えているのかを予想しながらゲームを進めます。無言のままゲームを行う中で、まわりの人の行動や雰囲気を察知し、調和していく力が磨かれていきます。

我空氏は4人のチームを一つの船団とみなし、ゲームの進行を人生の航海に例えています。この航海では、4人が自分に与えられた能力(配られたカード)をフルに使って、全員で次の港(全能成就というゴール)へ到着することを目指します。自分のことしか考えず好き勝手にふるまう船員がいると、船はみんなが思うようには進みません。また、自分の役割が分からずやるべきことをやらない船員がいたらこれも航海の妨げになります。

■全能成就の確率は

全能成就できる確率は999回に1回。実際にやってみるとわかりますが、なかなか全能成就できません。しかし、だからこそ全能成就が達成されたときは、チーム全員が大きな感動と喜びに満たされます。

——————————–引用 終わり——————————-

イメージできますでしょうか?

ものすごく簡単に言うと

4人一組で、自分の事、仲間の事を考えながらともにゴールを目指すゲームです。

自分だけのことばかり考えていると・・・ ゴールにはたどり着けません。。。

仲間の事ばかり考えていると・・・・ ゴールにたどり着けません。。。

引っ込み思案だと・・・・ ゴールできません。。。

ガンガン攻めても・・・・ ゴールできません。。。

考えすぎても・・・・・  運は引き寄せられません。(ゴールできません・・・)

第六感もかなり重要な要素になってくるんです。

ゲームの説明は これまで。

気になる方は ぜひ、Mr.KOBAにお声がけください!!

一緒にやりましょう!!

で、 Mr.KOBAの人生初が何が関係あるの??

実は実は 数日前に・・・・

名古屋で開催した折、名古屋、タイ・開催14回目にして

プレーヤーをやらせてもらいました!!!

いつもは アシスタントインストラクターといって、ゲーム進行役をさせて頂いてます。

そして、そして、 出たんです!!

Mr.KOBA Gコンセプトトランプゲームを始めてから

約1年!!!

人生初めての 全能成就という、 ゴールでした!!!

うれしすぎてうれしすぎて・・・・

この後10分ほど、放心状態になりました。

で、何を学んだの?????

Mr.KOBA 不思議とこのゲーム中は冷静でした。

まずは、自分のゴールをイメージしました

そして、周りの仲間のゴールをイメージしながらカードを切っていきました。

そして、ゲーム中盤から

不思議な感覚に・・・・

この中盤までに自分のカードを意図的にそろえ

中盤から、心が落ち着き、なぜかわかりませんが・・・

まわりの仲間が持っているカードを信じて待つ状態に変化していったのです。

今でもあの感覚は忘れません。

うまく表現、できないのですが、Mr.KOBAの無意識?得意?なことなのか・・・

自分の最大限のやれることやったら、仲間を信じてまつ!!

みたいな 感じですね。

それが 不思議なくらい落ち着きながら 待っていられたんです。

これって、なんか すごい経験をさせてもらったと感じています。

実生活においても、焦りや、傲慢の心。等々、いろいろだけど・・・

やっぱり、本当に大事なのは・・・

自分のやるべきことはしっかりやって、仲間を信じて、信じぬくことなのかなぁと。

これがMr.KOBAのスタンスというか、いきかたなのかなぁと改めて教えてもらったような気がしています。

その場で一緒にプレーした仲間との調和力も最高だった!!

言葉を発せないゲームで、以心伝心。

調和を感じることができたこと最高でした!!

ね。

ゲームから学べることいっぱいありますね!!

是非、経験してみてください!!

自分の事ばかり考えて 競争するより

仲間のこと考えて、共創していきましょう!!!

もう、時代は 共創・共生の時代です!!

VOL.71【気付いてしまいました。】NO.2

VOL.71【気付いてしまいました。】NO.2

本日のテーマ:【気付いてしまいました。】NO.2

前回、配信させていただいた

「ありがとう」は最強のポジティブ!!!

なのですが、

どうーして、Mr.KOBAがこう思ったのかを

Mr.KOBAの実体験を一緒にご紹介していきますね。

Mr.KOBAは

三重県津市白山町というど田舎で育ちました。

水道屋さんの三男

父はすでに他界しています。

母は現在も実家に暮らしています。

いきなり、身の上話?

そうです!!(笑)

Mr.KOBAのありがとうマインドは

父と母から来ているからです。

実は・・・・

Mr.KOBAの両親は私に

一つだけ、教育をしました。

その他のことは

聞いたことがないと思います。

それは

いつ、いかなる時、誰に対してでも

「ありがとう」と言いなさいと

私にこれだけを言い続けたのです。

このおかげで、ありがとうを発することが自然にできました。

ただ、どこに行っても、ありがとうと言える自分は認識

できるのですが、

ある気持ちが出てきます。

あっ?

これって、本当に感謝してのありがとうなのかな?

ただの癖??

自分の子供ができ、Mr.KOBAもありがとうを意識させるように

娘にアタック!!

そして、ある日。。。。

娘から・・・・

「お父さんは いつも ありがとうって言う。」

「コンビニでも ありがとう 」

娘からすると、どんな場面でもありがとうと言ってる

Mr.KOBAが 変な人に移っていたんだと思います。

実はこの娘の言葉から、Mr.KOBAはさらに・・・

本当の感謝なのか?

ただの 接続詞的、ただの癖?

こんな 感じで、ありがとうって 言ってていいの????

って

考えさせられた時がありました。。。。

とはいうもの、私にとってのありがとうは

当たり前になっているので

この後も、普通のくらしをしていました。

でも、ある1冊の本を紹介してもらったことがきっかけで

ありがとう!!

もし、万が一、思いがなかったとしても

発することが大事であると!!と教えられたのです!!

ありがとうって 言葉にはパワーがあり、言葉自体が

エネルギーをプラスに変え、人生を豊かにしていくと!!

当たり前ですが、、、

感謝を思ってのありがとうのがいいだろうとは思いますが。

そんなこと気にせず、ありがとう もすごく、大事なことという事を学んだのです!!

その後は

娘と一緒に 1分間で何回のありがとうを言えるか!!と二人でよくありがとうを連呼しました!!笑

車の中では ずーっと ありがとうの繰り返し。

大体、1分で100ありがとうが言えます。

信じれないかもしれませんが・・・・

元気になります!!

そして、まわりの人も明るくなります。。。

この本に出合い、 ありがとうの 悩みはぶっ飛びました!!!

両親からの最高の教育を受けたことも

私にとって、最高でした!!!

是非、 ありがとう を 連呼してみてください!!

変化が起きますよ!!!

次回は

ありがとうのパワーを可視化する。

お届けしますね!!