VOL.61【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章13.】

VOL.61【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章13.】

 

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章12】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章12になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

命の危険。ヒューストンでの黒人大男からの逃走・・・・

まさかの トライアルト受けることできない事件。。。

日本への再帰国・

そして、メキシコに再度、降り立ちました。。。

フットボールラピド選手としてプレーが決まる。。。

カンクンで溺れ、自分で死を選ぶ。そして、助けられる。。。

CORONAビールとの出会い。。。

インドアサッカー選手 ホルヘとの出会い・・・

グアテマラ、エルサルバドルへのサッカー旅

そして、舞台は メキシコに戻ります。

 

メキシコ生活2年目 完結編。。。

 

メキシコ2年目で学んだこと・・・・

 

 

①死生観。

これをはっきり、感じたことは 今のMr.KOBAの礎の一つとなっています。

 

②行動すること。

動けば、結果が出ます。 失敗もあるけど、、、次に活かすから失敗にはなりません。

 

③人にやさしく。

人種を超え、国を超え、個人をリスペクトする。

人のために、動く。

 

④偶然はない。

何かにたいして、行動するから、意識するから 引き寄せの法則で

どんどん、人や事柄が出てきます。

 

 

もっともっと、ありますが。。。

 

この4つが、人生においての基礎になっていると。。。

 

Mr.KOBA 感じています。

 

 

異国の地

でも

住めば都。。。

 

サッカーという ボール一つが繋ぐ縁で。。。

 

信じられないような 経験をさせて頂きました。

 

Mr.KOBAのアナザースカイは・・・・・

 

 

MEXICO

 

 

是非、メキシコに 行ってみてください!!!

 

サボテンと世界遺産、カリブ海が待っていますよ!!!

 

 

いつになるか、、、

 

わかりませんが、、、、

 

メキシコ生活3年目を また、綴ります!!

 

では

 

いつもありがとうございます!!!

 

VOL.60【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章12】なぜか・・・グアテマラ

VOL.60【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章12】なぜか・・・グアテマラ

 

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章12】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章12になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

命の危険。ヒューストンでの黒人大男からの逃走・・・・

まさかの トライアルト受けることできない事件。。。

日本への再帰国・

そして、メキシコに再度、降り立ちました。。。

フットボールラピド選手としてプレーが決まる。。。

カンクンで溺れ、自分で死を選ぶ。そして、助けられる。。。

CORONAビールとの出会い。。。

インドアサッカー選手 ホルヘとの出会い・・・

 

そして

お話しはいつものように、、、

 

脱線します。

 

 

フットボールラピドのリーグの終わりに近ずきます。。。

 

いつの間にやら、GMだったエステバンは・・・

解任され・・・・

 

でも、いつも試合会場に居たので、、、

解任されていたことに きずきませんでした。。。

 

エ「KOBA 今日、試合おわったら飲みに行くぞ!!」

 

毎回・・・・

 

エステバンの中で、悪友 KOBAになっていたんでしょう・・・・

 

まぁ、楽しかったからいいのですが・・・・

 

そんな リーグも終盤の時に エステバンが言います。。。。

 

エ「KOBA リーグ終わったら、 メキシコの下にある」

エ「グアテマラにチームを探しに行かないか???」

 

K「は???」

K「グアテマラ??? 国???」

K「サッカーリーグあるの?」

エ「ある。前に少し、コンタクトを取ったことがある。」

エ「メキシコだけでは なく グアテマラ、エルサルバドルでもエージェントの仕事をしてみたい」

 

KOBA・・・・

 

おいおい。

エステバン。。。。

 

KOBA、メキシコかアメリカがいいのですけど・・・・

 

エ「KOBA どうする???」

 

またもや。。。。

 

KOBA・・・・

神降臨・・・・

 

K「わかった。 行きます!!」

 

この話は いろんな選手を巻き込んで・・・・

 

一行は グアテマラにいくことになります。

 

 

いろいろ あるぜ!!

 

メキシコ 2年目。。。。

 

 

そして、シーズンも終わり、グアテマラへ・・・

 

このあたりの記憶があいまいなのですが。。。。

 

日本人選手(以前のメルマガに登場した現在もJリーグ関係で頑張ってる先輩、後輩です)

メキシコ人選手と グアテマラにわたり。。。。

 

毎日、鶏料理をたべてたような・・・・

 

そして、なぜだか・・・

 

Mr.KOBA。。。

 

一人で地方のチームにいたようなぁ・・・・

3週間くらい いたような・・・・

 

その時のチームで一緒だった グアテマラ人選手とメキシコに戻ってきた。。。

 

グアテマラでの生活も。。。。

 

Mr.KOBAには 楽しく最高でした。

 

チームのみんなも 優しい。

関係者も優しい。。。

地方都市のなんと いう町だったかも・・・・

忘れてしまいました。。。。。

 

U-20のグアテマラ代表と試合をしたり

 

隣町のチームと親善試合をしたりと 楽しかったことしか・・・

 

覚えていない。。。。

 

サッカーは メキシコリーグのが確実に上なのですが、、、

 

もしかすると・・・・

 

ゆっくり 暮らすを念頭に置いたなら、グアテマラがいいのか???

 

いやいや、どちらでもいいですね!!!

 

結局、Mr.KOBAは・・・・

 

グアテマラ、エルサルバドルまで。。。。

 

この経験の記憶は・・・・

 

メキシコが強烈すぎて。。。。

 

あまりないのです。。。。。

残念。。。

 

でも、危ない思いもいたこともなく。

 

人はみな 優しく。

 

サッカーのグアテマラ、エルサルバドルの紹介は また 今度、書きますね!!

 

でも、ボール一つがつないでいくご縁をまた、異国で再経験させて頂きました。

 

エルサルバドル!!でも 鶏料理オンリーだった気がします!!!

 

人生の経験、ありがとう!!

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

 

VOL.58【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章10】コロナビールとの出会い

VOL.58【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章10】コロナビールとの出会い

 

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二10】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章10になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

命の危険。ヒューストンでの黒人大男からの逃走・・・・

まさかの トライアルト受けることできない事件。。。

日本への再帰国・

そして、メキシコに再度、降り立ちました。。。

フットボールラピド選手としてプレーが決まる。。。

カンクンで溺れ、自分で死を選ぶ。そして、助けられる。。。

 

フットボールラピドを戦いながら。。。

 

Mr.KOBAの代理人、そして チームのGMのエステバンと・・・・

どんどん、、、、

 

仲が良くなっていきます。。。。

 

どうやって???

 

単純です。。。

 

一緒に酒飲んで騒いだから。

 

これって、重要ですね。。。

 

Mr.KOBA

1年目の最終に テキーラでベロベロになりました。。。。。。。

 

基本はお酒、ダメだったのです。。。

 

でも、今につながる・・・・

 

まさかの お酒デビューがの日が来ます。

 

エステバンがKOBAを誘います。

 

エ「KOBA 練習の後、飲みにいかないか?」

K「食事だよね? いいよー」

エ「やっほー!!」

K「GMの誘い、断れないでしょ?」

エ「かわいい子がいる 店 行くぞ!!」

K「は? タコスでいいでしょ・・・」

 

 

いきなり来るんですね。

こういう日は・・・

 

そして、エステバンとチームメイト数人

 

Mr.KOBAの希望通り タコス屋さんで。。。

 

乾杯です!!!

 

エ「あれ? KOBA、なんでコーラ?」

K「は? 私、飲めない?」

K「ビール一本で 顔 真っ赤になる」

K「お酒、すきじゃない・・・・」

 

そのまま、会は 進みます。。。

 

そして、5.6本のビールがテーブルに置かれます。

 

CORONA ビール。

超有名ですね。

メキシコです。

サッカーチームのほとんどのチームにもスポンサーになっています。

 

Mr.KOBAが所属していたチームも CORONAがスポンサーでした。

 

みんな、、、、

 

よく飲むなぁ。。。

 

そして、次の瞬間。。。

 

Mr.KOBAの前に CORONAビール。。。

 

そして、みんなが

一斉に

「いいか、KOBA、我々が ビール瓶の上の口を このビール瓶のそこで コンって あてるから!!」

「全力で飲めよ???」

 

KOBA・・・・

 

全く意味わからない。。。。

 

コンって 口に当てるから、一気に飲め???

 

やっぱり、意味わからーーーん。。。

 

そして、次の瞬間。。。

 

「コン」

 

意味わからんけど・・・

すぐさま・・・

ビール瓶を口にあてます・・・・

 

「ブッシャーー!!!!!!!」

 

Mr.KOBAの口の中へ・・・・・

CORONAビールが 全力で襲い掛かってきます。。。。

あまりの強さに びっくりして 口を離そうとすると・・・

エステバンが

 

にやり顔で 離させないように・・・

瓶を抑えてきます。。。。

 

まだ続く、CORONAビールの攻撃。。。。

 

全身、びしょびしょ。。。

 

そして

 

勢いは収まり・・・

 

みんな、 お店の人、 全員大爆笑。。。。。

 

Mr.KOBA・・・・・

 

え?

 

何が起こったの???

 

説明しよう♪

メキシコは高地なので 瓶ビールに 本当に「コン」って感じで

圧をかけただけで・・・

コーラがブッシャーー!!!って

出るように 吹き出るんです。。。。

気圧の関係で こんなことになるなんて。。。。

知らなかった・・・

 

まだ、ぼーっとしているMr.KOBAを

マリアッチの音楽隊が。。。。取り囲み

生演奏。。。。

 

そして、なぜか。。。。

 

店のオーナーが出てきて。。。。

 

「はい」

 

またもや、新しい CORONAビールを渡される。。。。

 

そして、また、、、、

 

「コン」

 

ブッシャーー

 

ぼーっと・・・・

 

そして、またもや 新しいCORONAビールが渡される・・・・

 

「コン」

 

ブッシャーー

 

お店にいた人たち、 大笑い。。。

 

マリアッチの音楽隊は 必死で演奏。。。

 

なんなんだ・・・

 

これ・・・

 

またもや メキシコの洗礼!!!

 

まわりは 日本人の少年が飲みまくってるというか・・・

飲まされてるのが 単純に面白かった だけのようですが。。。。

 

そして、気が付けば・・・

 

まわりの人たちも びしょびしょ。。。笑い

 

その後、改めて 飲んだCORONAビール  うまい!!!!

 

これが、ビールとの出会いでした。。。

 

これからというもの、CORONAビールがあると・・・

基本 頼んでしまう Mr.KOBAになりました。

 

CORONAビールおいしいですよ!!!

 

実は・・・

メキシコでの お酒生活。。。

CORONA,テキーラのおかげで

今、日本でも 普通に飲めるのは Mr.KOBAの強みです!!

 

この一件から エステバンとは 悪友になり。。。

でも、どんどん

Mr.KOBAをサポートしてくれるようになりました。。。

 

悪友になって 数か月。。。

突然。。。

エ「KOBAは 真面目だったから、あまり好きじゃなかった・・・・」

えーー

今言う!!

 

でも、

エ「最近のお前は 最高だ!!!」

 

K「なんで?」

 

エ「めっちゃ、飲む。踊る。バカ。おもしろい。下ネタ言う。そして、だれとでも楽しく飲む!」

 

褒められたのか?

バカにされてるのか?

 

まぁ、どちらでもいいや・・・

お酒を一緒に飲む、同じ時間を共有することの大切さをリアルに感じました。

 

 

いろいろ あるぜメキシコ!!

次回は フットボールラピド選手のお友達。

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

VOL.57【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章9】カンクンで溺れる。

VOL.57【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章9】カンクンで溺れる。

 

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二9】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章9になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

命の危険。ヒューストンでの黒人大男からの逃走・・・・

まさかの トライアルト受けることできない事件。。。

日本への再帰国・

そして、メキシコに再度、降り立ちました。。。

フットボールラピド選手としてプレーが決まる。。。

 

 

そして、月日が流れ・・・

 

フットボールラピドリーグを戦いながら

選手との交流。

他チームの選手との交流。。。

 

いろんなことが 刺激的。。。

 

コートは狭い。

壁にと選手に挟まれる。。。

でも、楽しい。。。

 

そんな中、日本から

Mr.KOBAの彼女が 2度目のメキシコに来ます。

 

調子にのって、、、、

 

「よし!! カリブ海のカンクンに行こう!!!」

ということで。。。。

 

やってきました!!

 

カンクン!!!

https://retrip.jp/articles/11895/

 

超リゾート。。。

 

でも

我々は そんないいホテルに泊まることはできません。。。。残念ながら。

というよりも。。。

当時、若かった

Mr.KOBAは・・・・

お金も経験もなかったのです。。。。

迷わず、ダウンタウンのホテル!!にチェックイン!!

 

でも、ビーチは最高に綺麗!!

白い砂浜。

本当に真っ白。。。

海は透き通ってる。。。

 

Mr.KOBA・・・

子供の時は・・・ 川専門。。。

海あまり。。。

でも、きれいすぎて。。。

 

テンションMAX。

 

いつも、まず 自分から海に入っていくことはないのですが・・・

この日は テンションMAX

 

K  「ちょっと 泳いでくるわぁ」

彼女 「あっ はい」

 

そして、海へ・・・

 

そして、

そして。。。。

そしてーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Mr.KOBA・・・・・

 

気が付いたら・・・

 

めっちゃ、流されてる・・・

海岸にいる、彼女がどんどん 遠くなっていきます。。。。

 

隣にアメリカ人ぽい ファミリーが1組。。。

 

あかん。。。

もどらなきゃ・・・

 

全力で泳ぎますが。。。

全然、戻れません。。。

足もつかない。。。

どんどん、流されてる。。。

 

めっちゃ 疲れる。。。

 

あかん。。。

 

そして、海岸にいる 彼女に 全力で

 

K「おーーーーーい。たすけてーーー!!」

なんども

なんども

叫びながら、手を振る。。。

 

すると、彼女も

なんとーーーー

 

至って 普通に

手を振り返してくれるでは ありませんか!!!

 

あかーーーん!!

気付いてない。。。。

 

単純に Mr.KOBA おぼれてる・・・・ SOS

彼女・・・ Mr.KOBA 楽しんでる!!

 

このアンバランスな・・・・

今、まさに 人生で初めて おぼれているMr.KOBAと・・・

今、まさに 人生初めての カンクンでバカンス中の彼女・・・

 

そして、溺れながら、救助を求めながら・・・ 頭の中には・・・

あかん。

このまま、自分が助からなかったら・・・

彼女、一人でメキシコシティのハルさんところまで

もどれるかなぁ・・・・

だいじょうぶかなぁ・・・・

 

こんな状況でも、意外と人の心配できるのね!!←この時に経験。

そして、溺れ疲れる。。。

あっ これが 溺れて命がなくなる時の人の気持ちかぁ。。。←この時に経験。

めちゃくちゃ、えらいんです。。。←この時に経験。

そして、今までの記憶が フラッシュバック状態で流れ始めます。。。

そして、人は こうなります。。。

 

心の中。。。

 

彼女にごめん。。。

無事にメキシコシティまで何とか かえって!!

疲れた・・・

とにかく、疲れた・・・・

 

「死にます」

 

決めた途端

 

全身の力が抜け・・・

信じられないくらいの・・・脱力感。。。

そして、身体が 沈んでいきます。。。

 

ブクブク。。。。

海の中は めっちゃきれいなので 海の中を目が開いた状態で・・・

沈みます。。。

 

完全 脱力状態。。。

 

今までの人生の中で、「死を自分で決める」というのなんて 経験ない。。。

もう、二度としたくはありませんが、、、

覚悟と死を決める。。。

身をもって 経験をさせて頂きました。。。。

 

そして、脱力状態のまま

身体は沈み・・・

 

その時、

 

Mr.KOBAの 髪の毛が。。。。

何かに引っ張られます。。。

 

なんと

なんとーーーー

なんとーーーーー

 

レスキューーーが!!!!

 

そのまま、髪の毛を引っ張られながら

浜辺まで・・・・

 

助けて頂いたのです。。。

この命。

 

この時に 感謝と悟りが同時に来ました。。。。

 

生かされたという 意味は必ずある。。。

今も一度、死んだ人間といつも思っていますので

あの時 生かせていただいた事には 必ず意味があると思っています。

自分があの時、生かせていただいたには Mr.KOBAが担う天命をまだ全うしていない。。。

そういう事だと認識しています。

 

だから

今でもこの経験が Mr.KOBAの

楽天的な、 失敗しても命まで取られない、1度、死んだ身 と考えて

やるなら やると 決断していく材料になっているのは 間違えありません。。。

 

本当に いろいろあるぜ!!メキシコ!!

って、

ただただ、、、、

Mr.KOBAの 不注意だけです。。。。

 

反省。。。。

 

感謝とかっこよく書きましたが・・・・

 

助けてくれたのは 浜辺でボート貸しのメキシコ人のお兄ちゃんたち・・・

 

命の恩人たち・・・

 

Mr.KOBA 疲れ果て、気持ちも悪く・・・

 

精一杯の ありがとう

 

そして、、、、

Mr.KOBA、、、

 

彼女から 100ペソを渡してもらい・・・

 

なんとーーーー

 

これで。ジュース買ってーーー

助けてくれて ありがとうーーーー

 

命の恩人たちに、、、

100ペソの ジュース代。。。。

 

↑今思えば。。。

サイテー  Mr.KOBAサイテーー

でも、あの時は あれが精一杯でした。。。

お金を考える余裕もなかった。。。

ありがとうと、気持ちを表すしか・・・

 

全て 経験ですね。。。。

 

ご迷惑をお掛けいたしました、すべての皆様。。。

申し訳ございませんでした。。。

 

そして、彼女に Mr.KOBAが おぼれていると・・・

教えてくれた。。。

アメリカ人ファミリー。。。

ありがとう。。。

 

彼女。

ご心配をおかけしました。。。

そして、カンクンが・・・

台無しになったことを深くお詫び申し上げます。。。

 

ちーーーん。。。

 

そして、この事件から・・・・

 

KOBAの心は強くなりましたが・・・

 

海が完全にOUTになりました。。。

波の音を聞くだけで。。。

気持ちが悪くなるという・・・

現象が・・・・

 

30歳くらいまで・・・

続きました・・・・

 

いやぁ

 

いろいろ あるぜ!!

 

メキシコ!!!

 

これが、人生最大級の 死を自ら選択した カリブ海で大騒動でした!!

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

VOL.56【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章8】

VOL.56【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章8】

 

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二8】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二8になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

命の危険。ヒューストンでの黒人大男からの逃走・・・・

まさかの トライアルト受けることできない事件。。。

日本への再帰国・

そして、メキシコに再度、降り立ちました。。。

まだまだ、珍道中は続きます。

 

再び戻りましたぁ!!

 

メキシコ!!!

 

さぁ、新しいチーム探しに向けて・・・・

 

エージェントのエステバンにTEL

 

K「エステバン、帰ってきました!!」

K「チーム探し宜しくお願いします!!」

K「どこでも 行きます!!」

K「残念ながら、アメリカ ダメだった。。。」

 

エステバンの少々、間の空いた タイミングがわかります。。。

 

エ「KOBA!! 実は。。。」

 

エ「メキシコも トライアウト終わった・・・・」

 

どっひゃーーーーー!!!

もう、笑うしかできなくなりました。。。。

 

エ「KOBA でも、トライアウトの期間は終わったが、シーズン途中でもいけるぞ!!」

エ「どうする?」

K「そうなんだ!!じゃあ 行く!!」

エ「外国人枠が残っているチームを探そう!!」

K「はい。おねがいします!!」

 

また、やってしました。。。。

 

そして、エステバンが続けます。。。

 

エ「KOBA、ところで お前は フットボールラピドリーグに興味はないか??」

K「えっ あの 前にプレーした、インドアサッカー??」

エ「そうだ!!あの競技だ!!」

K「めっちゃ、面白かったから またやりたい!!」

エ「・・・・・・・・」

エ「KOBA、わかった 明日の16時に迎えにいくから待っててくれ!」

K「はっ? 意味が解らない。。。」

 

なんのことやらわからず、エステバンと明日、会う約束に。。。

 

チームのはなしかなぁ

 

そして、次の日。

 

16時の約束。

エステバン17時に到着。

まぁ メキシコ。

普通です。。。

 

そして、エステバン 開口一番。

 

エ「よし、KOBA 行くぞ!!」

K「どこへ??」

エ「フットボールラピドの試合だ!!」

K「は? 準備なにもしてない、ちょっと待ってて・・・」

 

そして、なぜだか Mr.KOBAは

 

その後、フットボールラピドの試合会場にいたのです。。。

 

ユニホームが渡され・・・

チームのアップが始まります。。。

 

あっ?

あれ??

 

なんで エステバンがなんだかんだ、指示してる????

 

あれ?

 

そして、監督らしき人に呼ばれます。

 

監「KOBA お前は前線だ!! 経験あるか?」

K「1回だけやった。たぶん大丈夫」

監「わかった、じゃあ頑張れ 3点取ってこい!」

K「・・・・・あ、はい」

 

まったく 意味が解りません。。。

この試合は何なんだろう。。。。

 

まぁ いいかぁ 楽しもう!!

 

そして、試合直前に以前のチームメイトが客席にいるのが見えました。。。

すぐさま、駆け寄り。

K「元気?」

チ「元気、元気。 あれ、KOBAはこのチームにはいったの?」

K「よくわからない。」

K「このチームって なんのチーム???」

チ「え。KOBAしらないの? このチーム メキシコのフットボールラピドのプロチームだよ!」

K「は??? エステバン、そんな事、なにも言ってなかった」

チ「エステバンて、あの人? あの人、このチームのGMになったよ!!」

K・・・・・

 

まさかの 事実判明。。。。

 

エステバンめーーー

 

チ「俺もエステバンに誘われて、このチーム見に来た。」

K「で、今日は何の試合?」

チ「トライアウトかねた トレーニングマッチみたいだよ」

K・・・・・

 

マジっすか。。。。

 

フットボールラピド、早いし、痛いし、怖いし。。。

 

でも、もう やるしかない!!

 

しかし、エステバン。。。

GMって・・・・

 

そして、ど激しい、試合が始まります。。。

人工芝上のアイスホッケーみたいな競技。。。

壁にはぶつかる。。。

相手からガツガツ来られる。。。

壁に囲まれている為、ボールは基本、コートからほとんど出ることはなく・・・

走りっぱなし。。。

 

あかん。。。

 

 

言いながら。。。。

 

なんと、Mr.KOBA

 

なぜか 監督の指示通り。。。

 

3点をGETしたのです。。。。

 

そして、試合が終わり

 

満面の笑みで エステバンが近づいてきます。。。。

 

エ「KOBA 最高だ!! 今日のお前は酔っ払いのようだ!!」

全く

意味不明。。。。

 

エ「オーナーと監督から お前をチームに入れろとなった!!」

 

は?

サッカーしたい。。。

 

またもや KOBAに神降臨。。。

 

K「わかりました。 じゃあ、今期はフットボールラピドリーグでプレーします」

 

エ「よし!! OKってことだな!! 優勝するぞ!! 今日は飲むぞ!!」

 

K・・・・・・・

 

まさかの フットボールラピド選手に・・・・・

 

まぁ、いい経験になるし

お金ももらえる。

そして、何より 楽しい!!!

 

まさかの 展開で決まった・・・

 

メキシコ生活2年目のチーム・・・・

 

そして、このフットサルラピドを通じまた、いろんな出会いや

経験がありました。。。

 

これは またいつか

 

しかし、いろいろ あるぜ!!

 

メキシコ!!!

 

次回は・・・

シーズン途中に起こった・・・

 

カリブ海で大騒動!!!

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

VOL.55【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章7】

VOL.55【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章7】

 

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章7】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章6になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

命の危険。ヒューストンでの黒人大男からの逃走・・・・

珍道中は続きます。

 

いろいろ ありながらのヒューストン

いよいよ、祐介さんとのお会いできる日が来ました!!

 

祐介さんは メキシコ、アメリカでプレー。

当時はヒューストンのチームでプレーしていました。

 

ホテルのブザーが鳴ります。

 

ユ「KOBAくんかな?」

K「はい、KOBAです!!宜しくお願い申し上げます。」

 

その後、食事をしながら、アメリカのサッカーの話を聞きます。

 

話を聞きながら、イメージ。

 

ふむふむ。

メキシコとアメリカ、そんなにサッカーが違うのか。

ふむふむ。

楽しそう。

でも、みんな 体でかいから・・・・

吹っ飛びそう・・・・

 

祐介さんとの楽しい時間も過ぎ・・・

 

そして

そーーーして

 

衝撃的な・・・

結末が。。。。

 

KOBAのアメリカサッカーへの挑戦の気持ちMAX!!

 

ユ「KOBA、でも あと5試合で・・・ シーズン終わるから・・・」

ユ「今、どこも トライアルしてない。。。。」

ユ「しかも、メキシコと違って、シーズンの再スタートはもっと 先だよ」

K「あっ そうなんですねーーー」

 

えっ

一瞬???

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

まさか

ま・さ・か の テスト受けれない事件。。。。

 

Mr.KOBA・・・・

顔面 蒼白。。。

 

ユ「KOBAに電話ではなしたよーーー」

 

KOBA・・・

あっ。

そんな 記憶が・・・・・

今ごろ、思い出す。。。。

 

やってしまった。。。。

 

どうしよう?

 

メキシコに戻る??

 

うーん。。。

それも それで・・・・

 

そして、何を思ったのか・・・

Mr.KOBA

 

K「祐介さん ありがとうございます!!」

K「一旦、日本に帰ります!!」

 

なんと、日本に一旦、帰国する事を決めてしまったのです。。。。

 

やっぱり、いろいろ あるぜ!!アメリカ!!

 

って

 

あなたの 不注意でしょ!!!(自分に言い聞かす)

 

あんな、こんなで

 

はかなく。。。

アメリカリーグでのプレーは 一旦 諦め・・・ 日本に帰国したのです。。。

 

((friendly_name))は Mr.KOBAが

アメリカでプレーすると 思われましたか???

 

期待を裏切り、帰国です!!!

 

でも、海外 いろいろあります!!

 

人との出会いにも 本当に感謝です!!!

 

なぜかつながる 人と人。

有難いですね!!

 

そして、一旦、日本に帰国し。。。

 

再度 メキシコに飛びます!!

 

ここからが また Mr.KOBAの珍道中が始まります!!

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

VOL.54【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章6】

VOL.54【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章6】

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二3】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章6になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

珍道中は続きます。

 

おかまちゃん ラモンから逃れ、祐介さんと会える日を

待っています。

 

そして、ついにやってきたのです!!!

 

えっ

 

やっと祐介さんに 会うの??

 

答えは。。。

 

NO

 

じゃあ なに??

 

Mr.KOBA ヒューストンで

追い廻される事件が・・・・

 

この時ばかりは・・・・

命がなくなると 思いました。。。。

2年目のメキシコで・・・

本当に 生命の危険があったのですが。。。

その前に、ヒューストンでも。。。

 

先回、何度も出てきた、この道の向こうは・・・・

絶対にいくな

みんなから 注意をされていました。。。。

 

 

ある日。

Mr.KOBA

 

ルンルン気分で 散歩。。。

 

自分の現在地。。。

あまりわかってなく。。。

 

その危険ゾーンに入り込んでしまったのです。。。

当然、当の本人はわかっていません。。。

 

後ろから

声をかけられます。。。

 

「HEY・ジャァップ!!!」

 

後ろを振り返ると。。。。

 

なんと

なんとーーー

 

ものすごくガタイがいい。。。

黒人の5人の若者たち。。。

見た目からして、THE アメリカ ストリートBOYたち。。。

 

振り返ったものの・・・・

 

再度、前を向き 無視。。。

 

瞬間的に Mr.KOBA考えます。

 

あっれ。

この状況は やばい??

もしかして、、、、

道 渡っちゃった・・・??

こんな 映画のシーンやん。。。

ほんまに あるか?

 

今まで、あーいう人たちに街であってない。。。

 

ガーーーん。。。

やってしまった。。。

 

よーく、前を見ると、、、、 いつも歩いている道路が

2ブロック程、向こうに見える。。。

 

やってしまったーーーー。。。。

 

そう。

Mr.KOBA

危険ゾーンに 自ら入っていたのです。。。。

 

そして、

またもや、、、

 

「HEY・ジャーーップ!!」

 

無視をして、やり過ごす気、満々のKOBAの前に 大男5人が立ちふさがります。。。

 

そして、目を見ると・・・・

 

すわってる。。。。

 

あかん。。。 これはあかん。。。

 

そして、彼らは 英語でMr.KOBAになにやら いいながらすごんできます。。

 

しかし、Mr.KOBA 英語はほとんど、わかりません。。。

 

金目の物を出せてきな ことを言ってるのは なんとなくわかるのですが。。。

 

その間に Mr.KOBAに 神降臨。

 

瞬時に思いついたのが、

に・げ・ろ

 

全力で逃走する。。。

目の前にある、信号機と車の通行を見ながら

2ブロック先のいつもの 道に全力疾走することを決めたのです。。

 

信号が変わり、車が動き出したところを全力疾走。

 

よし、心は決まった。

 

大男たちは Mr.KOBAにぶつぶつ 言いながら、接触をしてきます。

 

しかし、超冷静なMr.KOBA

 

早く、信号かわれ・・・

心の中で、念じると。。。

またもや、神降臨。

 

KOBA、昔やった

 

あって 言って 後ろを指させ!!!

 

まるで、子供だまし。。。

 

よーし、決めた。やる。

 

そして、信号が変わえりそうなタイミング!!!

 

いまだ!!!

 

後ろを振り向く!!!!

K「 あっ !!!  ポリス!!!!」

大男たちが みんな後ろを見ます

 

ふりかえったーーー

そして、Mr.KOBA 全力疾走。。。

 

大男たちも追いかけてきますが、信号の車でもたもた。

その間も全力疾走のMr.KOBA

 

一目散に逃げきり、何とか いつもの道に・・・・

振り返ると。

 

大男達は その道を渡るそぶりも見せず、なにやら大声でMr.KOBAに叫んでします。

 

間一髪。。。

 

ヒューストン、、、

こわい。。。

 

まさかの HEY ジャーップには。。。

度肝、抜かれました。。。

映画に出てくるような、シーンがまさか 自分に起きるなんて。。。。

 

でも、こんな経験できるのは

 

さすが、 アメリカ!! ヒューストン

 

いろいろ あるぜ!!!

 

ヒューストン

生きてて よかった。。。。

 

まさかの 子供だましが 通用した、あの瞬間。。。人って必死だと なんでもできますね。

 

さぁて、次回は 祐介さんとの出会いです。

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

 

 

VOL.53【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章5】

VOL.53【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章5.】

 

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二3】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章5になります。

メキシコにもどり

いきなり、アメリカヒューストンを目指す。。。

初めての競技に出会う!!

やはり、色々あります メキシコ!!

 

 

さぁて、メキシコの地からアメリカ ヒューストンに一っ飛び!!

ヒューストンの空港に降り立ち・・・

 

アメリカに入国。

そして、外にでる・・・・

 

ふむーーー

 

祐介さんに聞いたホテルまで・・・

どうやって行けば・・・・

 

ふむーーー。。。

 

空港の外周コースの脇で・・・

Mr.KOBA・・・

呆然。。。

全く、どうすればいいのかがわかりません。。。

私が持っているのは ホテルの名前と住所だけ。。。

 

そのまま、呆然と座り込んでいると・・・

 

なんと。

いつもながらの助け船!!

 

一人のラテン系の男性が英語で話しかけてきます。

 

ラ「どうしたのですか?私が助けれることはありませんか?」

K「あ。英語喋れません・・・」

とっさにスペイン語が出たのです。。。

 

すると

その男性はスペイン語で話しかけてきます。

 

ラ「どうしたの?」

K「ヒューストンが初めてで、このホテルにいきたいけど。わからない・・・」

ラ「住所は?」

メモを手渡します。

 

すると!!

 

わかった、私がこのホテルまで連れて行くよ!!

 

ええ

 

まじでーーー!!!

 

そして、そのまま その男性に連れられバスでホテルを目指すことになりました。。。。

本当にありがたい。。。

まさか、ヒューストンでこんなことになるなんて。。

 

男性とバスの中で話します

 

サッカーのことや日本のこと

彼はメキシコ系のアメリカン人、独身。

空港で働いていると言っていました。

バスの道中では

ラ「KOBAいいかい、この道の向こうには絶対に行っては行けない。」

K「なんで?」

ラ「ヒューストンは簡単に言うと白人ゾーンと黒人ゾーンのような棲み分けがある。」

ラ「ダウンタウンは本当に危険だから、絶対に行くな!!いいね」

K「はい!」

 

この彼の名前は もう覚えていませんが、ラモンだったようなきがします。。。。

 

そして、バスに揺られて

到着しました!!!

ホテルと行っても、ユースホテル。

まぁ、2週間くらいはお世話になるので

みんなと仲良くなりたいしーーー!!!

 

うる覚えの名前。

ラモンは

なぜか、Mr.KOBAを送り届け

ラ「じゃあ KOBA 夜電話するよ!!」

KOBA・・・・

なんで?

なの為に・・・・

 

思いながらも

 

K「はい。ありがとうございました!」

K「本当に助かりました。」

 

そして、ラモンは帰っていきました。。。

が・・・

この出会いは

どうも 変。。。。

 

このユースホテルには日本人の方も何人か暮らしていて

そこで意気投合したのが 新潟出身のしょうへいさん。

 

しょうへいさんから ヒューストンのレクチャーを受ける。

そして、しょうへいさんからも いいかKOBA あの道から向こうは絶対に行くな。。。

行ったら帰ってこれないかもしれないから

絶対に行くなよ!!

 

駄目押しをされます。。。

 

もう、サッカーやりにきたのか。。。

何をしにきたのか???

でも、楽しい。新鮮。

 

そして、夜、ラモンから連絡がきます。

ラ「KOBA 仕事終わったからご飯食べないか?」

K「わかったよ。じゃあどこに行けばいい?」

ラ「ホテルまで行くよ」

K「はい!待っています」

 

そして、ラモンと食事をし・・・

 

ホテルへ帰る。

 

K「ラモン、今日はありがとうございました。」

K「また、ヒューストンにきたら連絡します。」

 

そして、ラモンは帰っていたのですが・・・・・

 

次の日から、毎日毎日、電話と・・・

訪問があります。

Mr.KOBAは 日中もいないので電話にも出ることはないのですが

ホテルの住人から、KOBA 彼 今日もきたよ・・・

 

これが4日続き。。。。

さすが・・・・

 

そこでたまたま、ラモンの訪問時に居合わせた しょうへいさんが対応してくれました!!

し「KOBA、あいつ今日きたぞ。」

K「あっそうですか?」

し「実はな・・・あいつ、ホモだ!!」

KOBA

えっ

 

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まじですかぁーーーーーー

 

またもや ホモちゃん。。。。

 

でも、優しい。。。

でも、ホモ。。。。

だから、毎日毎日

通ってきたのか!!!

 

呆然。。。

 

そして、しょうへいさんがつづけます。

 

し「KOBA、俺、あいつにかなり 厳しく言ってやった。。。」

し「ちょっと、言いすぎたから・・・かわいそうかも・・・」

 

えっ

なんて言ったんですか?

 

し「KOBAを付け廻すな!!2度とここにくるな!!」

し「普通に見ても KOBAは お前と変な関係は 望んでないこと分かるだろう!!」

し「だから、二度とくるな(怒)

 

そしたら、あいつ。。。

 

泣いてた。。。

 

 

しょ、しょうへいさん。。。

図星ですが。。。

言いすぎ。。。

しかも、恋愛トラブルみたいやーーーん!!

しかも、大の大人 泣かしてるやーーん。。。

 

 

ホモちゃんにモテる Mr.KOBAでもそのおかげで、ホテルにもたどり着けた。。。

 

感謝。

 

ホモちゃんに 感謝。。。

 

そして、このしょうへいさんの一喝事件から

ラモンは 電話も訪問もなくなりました。。。

 

いいのやら、悪いのやら。。。

 

しかし、縁に感謝です。

 

さぁて 次回は

KOBAヒューストンで追い廻される事件が勃発します!!

 

色々、あるぜ!!

アメリカ ヒューストン!!!

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

VOL.52【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章4】

VOL.52【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章4】

 

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二3】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章4になります。

このシリーズ、脱線し続け。

 

さぁて、やっと メキシコの地に戻ります。

 

やってきました!!

メキシコ!

メキシコシティに降り立ち・・・・

 

居候させて頂いた、日本人の皆様のお家へGO!!

 

K「KOBA戻りました!!また、宜しくお願い申し上げます!!」

 

Mr.KOBAの兄のような存在、ハルさん。。。

ハ「KOBA帰ってきたかーーー!! 」

そして、いきなりのプロレス技で・・・

締められる・・・・

 

でも、異国の地に心許せる場所がある。。。

有難いです。。。。

 

そして、エージェントのエステバンにTEL

 

K「エステバン!!帰ってきたよ! チーム探して!!」

エ「・・・・ KOBA・・・  まだ早い・・・」

えっ

エ「まだ、来シーズンのトライアルのテスト始まってない・・・」

 

ちーーん。。。

 

冷静に考えれば・・・・

そうか・・・

 

困った。。。

やることない。。。

自主練かぁ・・・

・・・・・・・・・・・

 

KOBAの中に 神降臨。。。

 

K「エステバン!わかった!! じゃあアメリカ行きます。

 

エ「えっ?は? 何しに?」

 

K「アメリカに 祐介さんって方がいるから アメリカのチームのトライアル受けてくる」

 

エ「は?なんだかよくわからんけど、今はチームも休みだからいってきな」

エ「メキシコにいつ戻るかは アメリカから連絡するんだぞ!」

K「はい!」

 

エ「あっ KOBA 言い忘れた。 今晩 フットボールラピドの試合あるから来れるか?」

K「はい、行きます。」

 

①説明しよう♪

フットボールラピド=インドアサッカー

今でいうフットサルの激しい版。

アイスホッケーの様なコートでやるサッカー

http://www.youtube.com/watch?v=hmT7KRAlojw

 

当時、メキシコ・アメリカはこのプロリーグがありました。

 

②説明しよう♪

祐介さん=数年前 メキシコでサッカー選手、当時はアメリカのヒューストンのチームに所属

していました。現在は選手の仲介を通じてサッカーにかかわってみえます。

なぜか、日本に帰国時に紹介をいただき、電話でお話しさせていただいた縁があり

では、今度、タイミングあれば行きますね!!とお話していたのです。。。

 

 

メキシコに到着して数日で

アメリカに行くことを 決め。。。

 

エステバンの誘いで アマチュアのフットボールラピドの試合に行く。

この2つが Mr.KOBAの・・・・

メキシコ生活2年目の・・・

 

あなたー 何やってるのーーー!!状態を作り出す引き金になりました。。。

 

でも、今になっても

Mr.KOBA

全く 後悔なし!!!

 

そして、メキシコから アメリカ ヒューストンに飛び立ちます!!

 

いつもながらに・・・

 

ヒューストンがどこにあるのか・・・

どんな 街なのか・・・・

 

分かっていません。。。

 

そして

目的は。。。。

 

まず、祐介さんに会う事・・・。

メキシコから電話し 行くことだけを伝え・・・

 

GO!!!

 

目指すは!祐介さんから聞いた ホテルの名前。

そこにチェックインすること。。。

数日後に 祐介さんが 会いに来てくれる!!

 

「いざ 出発!! GO TO ヒューストン!!」

 

これは アメリカヒューストンでの珍道中の始まりの・・・

予感・・・・

 

これにて

今回は終了です。。。

 

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

 

VOL.51【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章3】

VOL.51【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章3】

 

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章2】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章3になります。

先回は脱線しまくり。。。

 

さぁ

今回は・・・・

 

これまた、まだメキシコには戻りません。。。

 

予告通り

サッカー選手としての気付きを綴ります。

 

日本に帰国し、母校でサッカー

 

質問です。

ロベルト カスロス(ブラジル) わかりますか??

 

あの高速フリーキックをばしばし 決める。。。

あのロベカルです。

 

一回外にまがって それから また、内側に戻ってくるという スーパーシュート。

https://www.youtube.com/watch?v=z6VU10zIx-Y

これ、蹴れます。

あっ、これ蹴れました。。。

 

当たり前ですが。。。

帰国後です。

 

Mr.KOBA  で?自慢?

はい!!

自慢です!!

って

嘘です。

 

要は

人ができることは 同じ人間なら・・・

全く同じにならなくても

近ずく事はできるという事です。。。

 

この軌道のシュートができたからといいて、Mr.KOBAがブラジル代表になれるわけでは

ありませんが、いろんな積み重ねで不可能と思う事でも

できるという事をこの時に 体感・実感しました。。。

 

実は・・・

帰国後、母校で ロベカルシュート やってみよーって思い

蹴ってみたらできた・・・

何度、蹴ってもできる。。。

驚き。。。

 

これも 懸垂と壁パスの毎日のたまものでした。。。

ヒントは 中田ヒデ選手のプレーからのヒントもありますが。。。

 

あっ さすがに今はできないですよー。

 

今回は サッカーなので・・・脱線せずに・・・・

 

帰国後の数週間は

三重県の東海リーグに所属するチームで練習をさせていただいておりました。

 

紅白戦をすると・・・

 

日本でやっていた時より 確実に視野が広がっています。。。

 

よく見えるんです。。。

あっれ?

こんなにコート中が見える。。。

あっ

あんな所に パスを出せるスペースがある。

あっ

あんな所に 味方選手いる。

 

えーーい!!

 

パス!!!

 

初めての帰国後の紅白戦。。。

 

少し際どいパス。。。

何度、出しても味方が追いつけません。。。

あっれ?

何が違う??

その日は何が違うのか 自分でもわからない。。。

「あいつ、メキシコ帰り」と言われ・・・

あかん。

こんなんでは・・・

恥ずかしーー と 思っていましたが。。。

周りの評価はどうも違ったようです・・・

 

あのタイミングであそこに パス出せるか?

あの際どい所に・・・

キラーパス

 

そして、盗み聞き していた Mr.KOBA

 

ある選手が言った言葉で スッキリ。

「リズムが違う。」

 

あーなるほど。

 

この時、分かったんです。

自分は普通のリズム、タイミングのパス。強さ。

でも

周りが違う。

 

こういう事です。

日本のサッカーとメキシコのサッカーのリズム感が違うのです。

体格は 日本人とメキシコ人はよく似ているため、昔から

日本はメキシコのサッカーを勉強するべきと言われてました。

なので、実際 短命でしたがメキシコ人監督が日本代表の指揮をとりました。

 

Mr.KOBAは現在の日本人選手のような能力は全くなかったので・・・

その場、その場で合わせていくことができません。。。

 

20年近くたった今でも、、、

 

リズムも狙うパスもスピードも

多分、、、

この頃と同じ感覚です。。。。

 

中南米ラテンのサッカー

 

華やかさは 無いけど。。。

独特のテンポで襲い掛かってくるのが

おもしろい!!

 

普段、書かない・・・

ネタ。。。

口ではたまにしゃべりますが。。。

 

あっ最後に

メキシコリーグで活躍した

本田選手。

 

本当にすごいと思いますよ。。。

メキシコシティは海抜 2200メートル

ここで100M全力疾走すると どうなると思いますか?

Mr.KOBA そこそこ 足速かったので

楽勝!!と思っていましたが・・・・

 

80Mくらいから一気に減速します!!

こんな中、彼は最高のプレーを1年間続けました。

凄すぎです。

トルーカという街では 海抜2600M

想像してください。

 

大変です。

 

こんな環境下でプレーした本田選手!!万歳!!

 

サッカー話でした!!

次回はいよいよ、メキシコに帰ります。

メキシコの地に戻り、また、いろんなことが起こります。。。

そして、舞台は途中から突然。。。

なんと アメリカヒューストンに・・

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

VOL.50【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章2】

VOL.50【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章2】

本日のテーマ

 

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章2】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章2になります。

先回は脱線しまくり。。。

 

今回は??

 

実は・・・・

今回もまだ、メキシコには戻りません・・・・

 

えー

 

はい!

という事で。

メキシコ編第二章2 in 日本。

 

無事に帰国し

1ケ月の日本。。。

 

友達と遊び。。

母校でサッカーし母校の新聞の取材。。。

「夢はあきらめなければ 叶う」

めっちゃ、えらっそうな事、答えてました。。。

 

そして 方々へ ご挨拶。

 

そして、今でも忘れられない。。。

言葉を賜ることになります。。。

 

Mr.KOBAをメキシコに連れて行ってくれた

前所属チームの会長ご夫婦への

ご挨拶。。。

 

実は・・・

2016年にも 数十振りに なぜか タイでお会いします。。。

 

会長夫人からの一言。

 

会夫「コバヤシくん あんた。 かなり ずぶとくなった!! いいことや!!」

 

はたして・・・

これは・・・

いい言葉なのでしょうか・・・・?

 

はい!!

いい意味です!!

 

Mr.KOBAは この時のこの言葉をいまだに忘れません。

 

実は・・・

Mr.KOBA 今では面影ありませんが・・・

結構、繊細だったんです。。。

 

でも、1年で変貌したようです。

自分では認識はなかったのですが

会長夫人の言葉で 完全に 自分は変わったんだー

と強く認識。

 

確かに、あまりくよくよしない。

すぐに切り替える。

前だけを見る。

自然にできるようになってきたのはこのころからかもしれません。。。

 

ある一点のこと以外は。。。

これは ずーーと 先のメルマガで!!

 

Mr.KOBAの原型を作ったのが メキシコ生活1年目だったようです。。。

 

これを書いてると。。。

 

Mr.KOBA ではなく セニュールKOBAにしたのがよかったかぁとも

思ってしまう。。。。

 

今回も脱線ついでに

 

Mr.KOBAは 人と人 が 全てと思っています。

この考え方や自然な思考は

メキシコ生活で培われました。。。

 

メキシコ人からすれば Mr.KOBAはただの外国人。

でも

支えてくれて、いっぱい助けてくた、教えてくれた。。。

感謝しかない生活を送ったおかげで

人種にも全く、偏見がないMr.KOBAマインドにしていただきました。

 

よその国で ~~人はダメとか へっちゃらで言ってる人います。

 

だったら、日本に帰りなさいと いつも思います。

たまに言葉に出してしまう事も・・・

 

よその国に来させてもら、生活させてもらい、住まわせてもらい、仕事させてもらい。。。

 

で、その言葉はないでしょう!!

 

国内でも一緒です。

人を見下す人=上記のような人

 

リスペクトを感じない人は・・・・

 

たぶん、どこの国に行っても本当の海外はわからないと思います。

 

で、だいぶ脱線しましたが

これが

Mr.KOBAの原型、原点の考え方です。

 

いろんな

経験をさせて頂いたMEXICOに感謝です!!

 

脱線しすぎ

そして、これで今回は終わりです。。。

次回は 日本に帰国時に 気付いた サッカー選手としてのMr.KOBAを綴ります!!

 

アスタ ルエゴ!(では またね)

 

VOL.49【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章1】

VOL.49【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章1】

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章1】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、いよいよ メキシコ編第二章のスタートです。

メキシコでサッカー選手のキャリアをスタートし、シーズン終了。

LAの空港でのおかまちゃん・手荷物事件をへて 日本に

1ケ月程度、帰国です。

 

その前に・・・・

 

Mr.KOBAはお世話になった ネサを退団。

次回はまた、トライアルのテストを受けながらチームを探すという選択をしました。

その時に重要になる Mr.KOBAの保有権。。。

 

なんと、交渉の末、前チームのオーナーが 私にくれました、、、

ただの紙切れ。

されど、移籍には超重要な紙。。。

 

これもメキシコの奇跡かもしれません。。。

 

でも、現在2018年・・・

その大事な紙切れは・・・

どこにいったのか・・・・

 

脱線ついでに

(プチ情報も含めて・・・)

メキシコは サッカー選手に寛大な国です。

 

Mr.KOBAもサッカー選手になって 恩恵を受けたのはいうまでもありません

 

どんな恩恵??

 

外国人として扱われる、我々には絶大な効果がありました。

プロ契約をすると

自身の証明書カードが発行されます。

このカードがなかなかの 効力。。。

 

外国人として暮らす。。。

 

街歩く・・・

警官多い。

 

警官、外国人を見つける。

 

すぐに 「こっち来いと」 呼ぶ。

 

呼ばれた私たち外国人は・・・・

身分確認

パスポートだせ

 

「ふーん 日本人か 200ペソ」

手が出てくる。

 

えっ

 

歩いてるだけなんですけど・・・・

 

という具合に

 

かなりの頻度で 呼ばれます。。。

 

Mr.KOBAは途中から

メキシコ人の友達からも

しゃべらななければ

アステカ人にみえるから KOBAはいろいろ大丈夫だと言われてから

 

不思議と止められる回数が減りました。。。

 

あ・す・て・か

アステカ人。

 

タクシーも かなりの犯罪率・・・

 

バスでは 州境に検問があり、外国人は 外に出され・・・・

身分確認と・・・

お金交渉。。。

 

メキシコの名誉のために、100%ではありませんが。。。

かなりの頻度です。。。

 

Mr.KOBAが GETした サッカー選手証は

 

これらの事を全て、丸く収め、相手から

「そうかぁ、どこのチーム?がんばれよ!!」

応援を受けるという超不公平な 扱いを体感させて頂きました。。。

 

もっとも身の危険を感じた・・・・

 

メキシコの下にグアテマラという国があります。

グアテマラでもサッカーをし、メキシコでプレーしたいという

グアテマラ人にの選手と バスで国境を渡り、州境を何個か超え

メキシコシティに戻った時に・・・

 

国境を越えて すぐくらいでしょうか・・・・

 

バスが止まる。。

あー毎度の検問かぁ

 

バスが止まり。

警官が来ます。。。

 

あっれ???

 

メキシコ人も含めて 全員バスから降ろされ

整列・・・・・

 

いつもと 違う。。。

 

隣のグアテマラ人の選手を見ると。。。。

めっちゃ 震えてるやーーーん。。。

どーしたーーー?

 

そして、メキシコ人はバスに戻され。。。

 

残ったのは・・・

6名の外国人。。。

 

Mr.KOBAは 左から5番目。

グアテマラの選手は最後。6番目。。。

 

左から どんどん、お金を巻き上げられていきます。。。。

そら、けん銃持った 怪しい警官・・・

払うよね。。。

 

そして、Mr.KOBAの順番です。

 

いつもの調子で 自信満々に サッカー選手の証明書を出します。

警官・・・・・

隣の警官も・・・・・

 

なに

なんとーーーー

 

効力がない・・・・

 

これは まずーーーい!!!

 

そして、警官は私にパスポートを出せと迫ってきます。。。。

 

パスポートを見せる。。。

 

警「日本人か? じゃあ 話はこうだ。」

警「今から私がいう金額を ここで払えば、お前はバスに戻れる」

警「どうする??」

 

Mr.KOBAに神降臨。

 

K「払わない!!高すぎる!!」

 

警・・・・

呆然・・・・

 

はっとしてから

 

警「本当にいってるのか??」

 

K「本当に言ってる。払わない」

K「私はサッカー選手、私に何かあれば 協会に行きます。」

K「そして、私は日本人、私になにかあれば 領事館に行きます」

K「どうしますか??」

 

言ってしまった・・・・

 

怒りを買うだけかとおもいきや。。。

 

あっれ?

警官の様子が・・・?

 

警「コマンダンテ(司令官)に相談する」

コマンダンテって・・・・

司令官に確認するよなことなかんぁ・・・・

 

警「ちょっと待ってろ」

 

あっ

そういう事ね。。。

この脅迫まがいも

コマンダンテの指示という事ですね!!!

いつもぼーっとしてるMr.KOBA

この時は 頭が切れます。

 

そして、立派な体格のコマンダンテが登場。。。

 

コ「セニュール タダフミ コバヤシ」

コ「部下から話は聞いた」

 

そして、すかさず 身分証明書を渡す。

 

コマンダンテ、笑顔に

あー

これで解決ねーーーー

 

コ「サッカー選手か? なんでグアテマラに?」

コ「メキシコ人はサッカーが大好きだ!!」

コ「よし、バスにもどれ! がんばれよーーーー!!」

 

なんと、こんな 幕切れ

いろいろあるぜ、メキシコーーーー!!!!

 

そして、そのあとに グアテマラ人選手は・・・・

 

なんと、しっかり。。。

お金を収めさせられました。。。。泣

 

でも、彼曰く・・・

 

ガ「KOBAのおかげで、少しにしてもらえた!ありがとう!!」

 

後日談ですが。。。

彼は グアテマラ人という事で、国に帰らせられるんじゃないかと・・・

相当、ビビっていたようです。

あー

だから

ふるえてたのかぁ。。。

 

まぁ

サッカー選手証の効力を 信じて疑わずに 言い切ったMr.KOBA

今思えば・・・

素晴らしい。。。(笑)

 

脱線。。。

脱線しまくりの メキシコ編第二章

これからも続きます!!

 

では おたのしみください!!

 

 

 

VOL.23【信じる力で扉を開ける16】メキシコ編 第1部完結編

VOL.23【信じる力で扉を開ける16】メキシコ編 第1部完結編

こんにちは

小林 忠文です。

本日はお仕事!!

あしたは お墓参りに

三重県津市白山町に!!

白山高校ががんばってくれたおかげで。。。

白山町と書くのが うれしい!!

人って単純ですね!!

——————————————————-

——————————————————-

【今日の一言】

当分スピリチユアル ネタが続きます。 

 スピリチユアルでもいろんな話がありますのでそれは

 改めて本日のテーマで書いていく様にしますね。

ご先祖様はどう調べたらいいですか・・・?

昨日の続きのような・・・感じですね。

どのように調べるか!!??

①親族に聞く。

 ↑これ一番はやいですね。家系図があるお家もありますもんね!!

②お寺で聞く。

 ↑こちらは KOBAまだチャレンジしてませんが、今年中には突撃します。

③家系図制作をしてくれる業者に頼む

 ↑こちらも早いですね!!

④自分で役所に行く。

 ↑こちらが Mr.KOBAがやった方法です。

では結果から

父親方の小林家 結果としては 5代さかのぼれました。

それをもとに 親族に相談。

お墓もわかりました。

母親方の山下家 結果は6代さかのぼり

安政とかの時代になりました。

母親もわかっていない。。。

ご先祖様のお墓にもみちびかれました!!

では どのように?

これは 明日書きますね!!

気にかかることがある方は

お気軽にMr.KOBAにご相談ください。

——————————————————-

——————————————————-

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける16

さて、無事にシーズンも終わり

一旦、日本に帰国するまでの間

 

グアダラハラに戻り

 

カルロス家にまた、ホームスティ

 

練習は?

 

また。

壁。笑い。

 

トルーカユースの練習にも参加しながら

1週間をすごしました。

 

ここで また

 

奇跡的な出会いが・・・・

 

線路沿いの道を Mr.KOBA

いつものように

ぼーと

歩いていると・・・

 

日本語で「すみません・・・」

 

 

声をかけられます。

 

えっ?

 

日本人?

 

えっ?

私を日本人とわかる?どちらかというとこちらのがびっくり。

最近はしゃべらないと メキシコ人(アステカ人)に見えるといわれていたので。。。

 

そのおかげで、確かに

強盗等に遭わずに済んできたのも事実で・・・

 

脱線!!

 

K「あ はい」

「君は 日本人だよね??」

K「そうです。小林といいます」

「メキシコで何やってるの?」

K「サッカーやっています」

「そーかー。私はヤサカです。」

「家近いけど こないか?」

KOBA・・・・・

 

ホモなのか??

誘拐なのか??

単純に 日本人同士の会話をしたいのか??

 

まぁ

こんな出会いあまりないから・・・

行ってみよう!!

 

K「行きます。おじゃましてもいいのですか?」

「いいよと」

 

家につきます。

結構でかい お家。

奥様とお子様が

おもてなして くれます!!

 

その後、自己紹介等等!!

 

そしてここで 出会いの事件簿。

 

実は実は

このヤサカさんは

メキシコ・グアダラハラで お店を営み

その傍ら

サッカー選手のエージイェンとをしていたのです!!

 

えーー

びっくり!!

 

当時は J1広島のエージェントとして

ご活躍されていました。

皆さんの記憶にあるであろう選手を 日本のJリーグに連れて行ってましたよー

 

今の今、この記事を書きながら・・・

思う事・・・・

 

やっぱり、エージェントに

なりたいという 思いが・・・・

よこしまな思いが。。。

出会いを引き寄せたかも・・・

 

Y「KOBAも日本に帰るなら、Jリーグ紹介するからやりなー」

Y「今、メキシコで3部ならJ2では やれるなぁ」

K「私はもう少し、メキシコで勉強しながら、サッカーやりたいです!」

Y「そうか、たしかに まだ若いから あと数シーズンはメキシコのがいいね」

 

本当にいろんなことをしゃべりました。

それからは3日程は お家に通い

サッカーの仕事や

いろんなことを 勉強させてもらいました!!

メキシコには

実は 野球のスカウトの方も結構いたようです

エージェントになりたい・・・

と思っていた

KOBAには

なかなか、刺激的な 日でした。

 

今もお元気かなぁ・・・

 

このように

出会いと 挨拶を繰り返し

 

よし!!

 

日本に帰国だー

 

何とか

 

異国の地での生活も慣れ

サッカーにも携われ

何より、多くの人と出会い

人種を超えて

「信じる」

根底から体感をさせてもらうことができました。

 

メキシコ

 

私の人生に大きな 影響を与えてくれた国です。

 

まだまだ、Mr.KOBAの珍道中は続きます。

番外編もいっぱいありますので

随時 書いていきますね。

 

お楽しみに!!

 

さぁ

 

帰国!!

 

メキシコシティから

ロサンゼルス空港でトランジット・・・

 

これが

また 事件が・・・

 

KOBA トランジットでも

アメリカには入国してしまうという癖があり・・・

空港の外にでて、トラックや車を見るのが好きなんです。。。

でも

車好きではないのです。。。

あのトラックに書いてあるデザインとかにたぶん惹かれるんです。。。

毎回、入国して

空港の前のみちで

大体2.3時間 ぼーと車を見ています。。。

 

今回は・・・

 

アメリカに入国し

バックを待っていると・・・

出てこない。。。。

なんとーーー

なんとーーー

行方不明。。。

 

おーーい。

外で車観たいのみーー

おーーい

おー--い

 

困り果てていると

 

空港で働く メキシコ人が飛び込んできます!!

あっ ロサンゼルスでは

スペイン語話せれば、英語使わなくても ほとんど、事足ります。

 

メキシコ人と思しき人に声を掛けます。

K「あのー バックがでてこない・・・」

 

メ「あら、それは・・・ いそがしいなぁ・・・」

 

KOBAひらめきます。

こ、この人、絶対に

ホモちゃんだーーー!!

 

即座に手を握り

 

K「私のバック探してきてくれたら・・・」

K「1ケ月後にメキシコに戻るときにLAでとまるから食事に行きましょう!!」

嘘つくつもりはないけど。。。

ほとんどにウソに近い 狂言を!!

 

メ「本当!!じゃぁ まってて」

「ここでまっててね」

彼は空港の内部に走っていきました!!

 

そして待つこと数十分

 

きましたぁ!!!

 

ホモちゃん

私のバッグを抱えてるーーー

 

メ「あったよーー」

K「本当にありがとう!!」

メ「あなた、もしかして・・・」

「サッカーの選手??」

K「はい そうです!!」

メ「なんて素敵!どこのチーム?」

K「3部のネサ わからないでしょ?」

メ「わからないけど・・・ でも頑張ってね!!」

エールをもらい・・・

 

ありがとうと言いながら チップを渡し

次回の食事会の事を突っ込まれない

ように・・・

 

K「ありがとう!!助かりましたぁ!!」

 

バイバイ

 

そして 猛ダッシュ!!

 

これは 帰国して再度、メキシコにわたってから

気付いたのですが、バッグのポッケに

なんと

なんと

そのホモちゃんの連絡先が・・・

 

入ってる

は・い・っ・て・る

 

ふむ。

悪いことをしてしまった。。。

 

※この人は別に バッグ行方不明事件がまたもやLAで勃発します。

それは 今度、またゆっくり。

 

しかも

メッセージには・・・

 

食事を楽しみにしています!!

 

 

ごめーーーん!!

 

そして、LAから 関空に飛び立ちます!!

 

ありがとう

 

メキシコ!!

VOL.22【信じる力で扉を開ける15】メキシコ編

VOL.22【信じる力で扉を開ける15】メキシコ編

小林 忠文です。

こんにちは

Mr.KOBA 現在、東京へ向かっています。

最終でまた

トンボ帰りです。

——————————————————-

——————————————————-

【今日の一言】

当分スピリチユアル ネタが続きます。 

 スピリチユアルでもいろんな話がありますのでそれは

 改めて本日のテーマで書いていく様にしますね。

お盆は・・・ 仏教?神道?

お盆、お彼岸は

実は

修験道です。

日本人は 神仏融合等

本当に様々な文化と調和を

取っていくことができる人種です。

ご先祖様に感謝すれば

必ず、お力添えが賜われます!!

近いうちに

ご先祖様の調べ方

本 メルマガに記載しますね。

気にかかることがある方は

お気軽にMr.KOBAにご相談ください。

——————————————————-

——————————————————-

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける15

さて、先回の イギータ半端ねー事件から

最終戦へ

飛びます。。。

最終戦は

アウェイ

優勝争いも、降格争いもない。。。

中途半端な チームです!!

最終戦、勝っても負けても・・・・

あまり

関係ない。。。

でも、KOBA たのしみます。

会場で選手紹介がされます

ア「ヌメロ 25   タダフム コバヤチィー ハポネス!!」(背番号25 小林忠文 日本人)

名前。。。

こうなっちゃいますよね。

仕方ない。。。

気にしない

気にしない。。。

さぁ

最終戦 楽しもう!!

このチームでのプレーは最後。

そう、KOBAは 契約を更新を最初から考えていませんでしたので

必然的に

このNEZAでのプレーは最終になります。

チームメイトとも最後。

得点を入れて

チーム貢献したい!!と思いながらも、、、

ココで 監督からの洗礼。。。

試合がスタートします。

メキシコのサッカーのリズム感にも慣れてきました。

ポジションは なぜか。。。。

最終戦は・・・

サイドバック。。。

やったことないやーーーん!!笑

でも

楽しかった。

守り方もわからない・・・・

でも、監督の指示は・・・

とにかく、サイドアタックで 崩せ!!

これを

KOBAが 聞くと こうなります。

サイドアタックで崩せ

どんどん、攻めあがれ。

守らなくていい。

解釈になります。

超適当ですよね。。。

でも、試合が進むにつれ、監督の意図がこれに近かったことがわかり出します!!

とにかく、バックなのに

攻めまくる。。。

守りは

中盤の選手が 戻ってくる。。。

おもろい。

でも、ズーーーと走ってるので・・・

めちゃ しんどいやーーん。

でも、メキシコで違うポジションを経験させてもらえることが嬉しかった!!

最終戦はなんとか勝利でホイッスル!!

監督が寄ってきます。

監「KOBA よくやった・・・」

 「疲れたか?」

K「はい。疲れた・・・」

監「よし!!わかった!!  イベントのPKもけれ はい 1番目!!」

えっ

監督ーーー。

もう、私、えらい・・・・

足、つってるしーーー。

鬼ーーー!!

と言いながらも

キッカーです。

このPK

シーズンの試合結果に関係ありませんが。。。

せっかくの最終戦。

いつも通りに

左足で ど真ん中に シュート!!

ゴール。

最後は気持ちよく 終わることができました。。

でも、実は KOBAは 右利き。笑

完全に遊びモードでした。。。

高校生の時 一度、PKを左足で蹴ったことを

ボールセットした時に

思い出してしまったんです。。。。

楽しかった!!

シーズンも終わり、私の頭の中には

一旦の日本帰国と

移籍先

エージェント

いう文字が入り乱れてきます

最終戦を終え、みんなでバスで7時間のドライブです!!

バス内は 最後ということもあり

宴会状態!!

バスが止まる度に

店で コロナビールと

出ましたぁ

テキーラが買い足されていきます

KOBA まともに お酒を飲んだことはありません。

飲んだことがないのは 嘘ですが。。。

そう、強くはありません。。。

でも

ついに

やってきたぁーーーー

「はい KOBA

渡されたのは・・・

なみなみの テキーラ

まさかの

テキーラ デビュー

バスの中

えい!!

最後だ!!と思い 飲んだら 大変。。。

KOBA 撃沈。。。

メキシコシティについた時には

私の日本からの サッカー関係のものは全て なくなってる 笑

事情を知る

チームメイトが・・・

KOBAが 大暴れ。

スペイン語で みんなに 下ネタを言いまくっていたと・・・

そして、気前良くなり・・・

日本のグッズ全部 みんなに配ってた・・・

と。。。

KOBA・・・・・・

チーン。。。

そんかわり、みんなから

メキシコグッズを回収してたぞ!!と。。。。

さすが

テキーラ。。。

ヤバし。

テキーラ事件は

内容知らなければ ただ、身ぐるみ剥がされた状態。。。。

本当に

色々ありながら

なんとか、シーズンを終えられたことに 感謝です!!

これを持ち、メキシコのNEZA時代を完結します!!

こんの後日、オーナーは

KOBAに 保有権を渡してくれました!!

こちらも感謝感激でした!!

また、後日、 チームの解散式後のBBQで・・・・

テキーラ様に

やられる結果となりました!!

 

イベントのご案内

VOL.21【信じる力で扉を開ける14】メキシコ編

VOL.21【信じる力で扉を開ける14】メキシコ編

小林 忠文です。

おはようございます。

昨日は石川に日帰り出張。

本日は 昼から東京出張です。

昨日は 我が故郷の高校

白山高校が甲子園で 頑張りました!!

——————————————————-

——————————————————-

【今日の一言】

当分スピリチユアル ネタが続きます。 

 スピリチユアルでもいろんな話がありますのでそれは

 改めて本日のテーマで書いていく様にしますね。

潜在的無意識?

前に自己開示を紹介しました。

Mr.KOBA

白山高校を応援します。

これって

明らかに

潜在的無意識。

ある種

DNA

潜在意識です。

なんとなく

わかりますか?

ただ。

地元を応援する。

何も考えずにも そうなります。

だからこそ

潜在的無意識で

繋がる 環境があれば・・・

イメージできますか?

自己開示で

相手の潜在的無意識に触れ

強固に繋がる。

自己開示はかなり有効ですね!!

みなさんの潜在的無意識 一度

考えてみてください!!

潜在的無意識で繋がる人脈は ある種 変な鎧を着ることはありません!!

楽しく生きる!!

気にかかることがある方は

お気軽にMr.KOBAにご相談ください。

——————————————————-

——————————————————-

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける14

さて、先回のつづきです。

私の記憶では

アルゼンチン人半端ねー事件から

次の試合だったと思います!!

やってきました

ベラクルース市。

港町ですね。

ベラクルースには

1部リーグに所属する ベラクルースがあります。

そこの下部組織との対戦です。

当時、ベラクルースには

元コロンビア代表のGKイギータがいました。

みなさんの記憶には

バルデラマ

ライオンヘアーが思い起こされるかもしれません。

その当時のGKが イギータ。

得点も決める

超攻撃的GK

として、有名でした。

日本開催のトヨタカップでも来日していました

へー

イギータがいる チームなんだぁ

くらいの

試合前のKOBA

ロッカールームで着替えていると

歓声が聞こえます。

着替えて、ピッチにアップに出ると・・・・

あっ?

あっれ??

相手チームのキーパーに

黒髪のライオンヘアーが。。。

目をこらすと・・・

えーーー

えーーー~ー

イギータ やーーーん!!

チームメイトが 私の異変に気付いたのか・・・

駆け寄ってきます。。。

チ「KOBA ベラクルース イギータが出るって。」

K「なんで?」

チ「怪我で休んでたから 調整」

そして

チームメイトは続けます。

チ「KOBA お前は フォワード!!イギータ キーパー 頑張れ!!」

おーい

おーーーい

結構 人ごと。。。

わざわざ、認識させてくれてありがとう。笑

とは

いうものの

KOBA あまり どうでもいい。。。

アルゼンチン人のチミチミ攻撃受けるわけではないしーーー。。。

そして

港町でゲームが始まります。

結果は00 引き分けでした。。。

なんでか わかりますよね。。。

我々は

何本か決定的シュートが 何本もありました。。。

KOBA自身も 3本ほど 決定機がありましたが・・・・

超世界レベル

イギータ

子供のシュートとくらい的に

簡単に守られました・・・・・

KOBA 45度からのシュートが得意です。

ゴールポストギリギリに 蹴り込むのは・・・

自信あり。

でも。。。

イギータ

逆ポストにいる

よし!!

イギータの逆に シュートだ!!

イメージは 先行してゴール。

喜び方まで

瞬時にシュミレーション!!

えい!!

渾身のシュート

逆ポストにいた イギータ

飛びます・・・

まるで 黒豹・・・

弾くのかと 思いきやーーーー

キャッチ

えーーー

えーーーー

えーーー~ーー

逆のポストにいて

逆まで 飛んで しかも キャッチ・・・・・・・

ない

ない

ない

私の感覚・経験にはない。。。。

KOBA

がっくり。。。

イギータ 半端ねーー

コロンビア半端ねーー

コロンビアといえば 当時は麻薬大国

絶対に渡航するなと厳しく 言われた。。。

でも、レディは きれい。

そんなのかんけーーーね!!

イギータ半端ねーー

そして、試合中

イギータが・・・

イ「いいシュートだった」

 「ムチャチョ ハポネス」(日本の少年よ)

K「あれ止めれって・・・」

イ「俺は イギータだ!!」

って

なんて

わかりやす

返事。。。

この返事も

イギータ半端ねーー

世界って

本当にすごいのね。と確信したKOBAでした。

いつも思います。

今の日本人選手って

すごいですよ。

身体能力で負けるなか

海外であれだけ、自分を出せる

日本サッカー協会とサッカーに携わる皆様の努力の賜物ですね。

さぁ

また、刺激的な事件を経験し

次回は

最終戦を記事にしますねーーー

お楽しみに!!

 

イベントのご案内