VOL.60【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章12】なぜか・・・グアテマラ

VOL.60【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章12】なぜか・・・グアテマラ

 

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章12】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、先回に続き メキシコ編第二章12になります。

 

メキシコに戻り、数日後にアメリカヒューストンへ

おかまちゃんのおかげで、ホテルにたどり着き。。。

おかまちゃんの先制パンチを浴びた、Mr.KOBA・・・

命の危険。ヒューストンでの黒人大男からの逃走・・・・

まさかの トライアルト受けることできない事件。。。

日本への再帰国・

そして、メキシコに再度、降り立ちました。。。

フットボールラピド選手としてプレーが決まる。。。

カンクンで溺れ、自分で死を選ぶ。そして、助けられる。。。

CORONAビールとの出会い。。。

インドアサッカー選手 ホルヘとの出会い・・・

 

そして

お話しはいつものように、、、

 

脱線します。

 

 

フットボールラピドのリーグの終わりに近ずきます。。。

 

いつの間にやら、GMだったエステバンは・・・

解任され・・・・

 

でも、いつも試合会場に居たので、、、

解任されていたことに きずきませんでした。。。

 

エ「KOBA 今日、試合おわったら飲みに行くぞ!!」

 

毎回・・・・

 

エステバンの中で、悪友 KOBAになっていたんでしょう・・・・

 

まぁ、楽しかったからいいのですが・・・・

 

そんな リーグも終盤の時に エステバンが言います。。。。

 

エ「KOBA リーグ終わったら、 メキシコの下にある」

エ「グアテマラにチームを探しに行かないか???」

 

K「は???」

K「グアテマラ??? 国???」

K「サッカーリーグあるの?」

エ「ある。前に少し、コンタクトを取ったことがある。」

エ「メキシコだけでは なく グアテマラ、エルサルバドルでもエージェントの仕事をしてみたい」

 

KOBA・・・・

 

おいおい。

エステバン。。。。

 

KOBA、メキシコかアメリカがいいのですけど・・・・

 

エ「KOBA どうする???」

 

またもや。。。。

 

KOBA・・・・

神降臨・・・・

 

K「わかった。 行きます!!」

 

この話は いろんな選手を巻き込んで・・・・

 

一行は グアテマラにいくことになります。

 

 

いろいろ あるぜ!!

 

メキシコ 2年目。。。。

 

 

そして、シーズンも終わり、グアテマラへ・・・

 

このあたりの記憶があいまいなのですが。。。。

 

日本人選手(以前のメルマガに登場した現在もJリーグ関係で頑張ってる先輩、後輩です)

メキシコ人選手と グアテマラにわたり。。。。

 

毎日、鶏料理をたべてたような・・・・

 

そして、なぜだか・・・

 

Mr.KOBA。。。

 

一人で地方のチームにいたようなぁ・・・・

3週間くらい いたような・・・・

 

その時のチームで一緒だった グアテマラ人選手とメキシコに戻ってきた。。。

 

グアテマラでの生活も。。。。

 

Mr.KOBAには 楽しく最高でした。

 

チームのみんなも 優しい。

関係者も優しい。。。

地方都市のなんと いう町だったかも・・・・

忘れてしまいました。。。。。

 

U-20のグアテマラ代表と試合をしたり

 

隣町のチームと親善試合をしたりと 楽しかったことしか・・・

 

覚えていない。。。。

 

サッカーは メキシコリーグのが確実に上なのですが、、、

 

もしかすると・・・・

 

ゆっくり 暮らすを念頭に置いたなら、グアテマラがいいのか???

 

いやいや、どちらでもいいですね!!!

 

結局、Mr.KOBAは・・・・

 

グアテマラ、エルサルバドルまで。。。。

 

この経験の記憶は・・・・

 

メキシコが強烈すぎて。。。。

 

あまりないのです。。。。。

残念。。。

 

でも、危ない思いもいたこともなく。

 

人はみな 優しく。

 

サッカーのグアテマラ、エルサルバドルの紹介は また 今度、書きますね!!

 

でも、ボール一つがつないでいくご縁をまた、異国で再経験させて頂きました。

 

エルサルバドル!!でも 鶏料理オンリーだった気がします!!!

 

人生の経験、ありがとう!!

 

それでは アスタ ルエゴ!(では またね)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA