VOL.49【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章1】

VOL.49【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章1】

本日のテーマ

【信じる力で扉を開ける・メキシコ編第二章1】

メキシコ生活2年目の1年間を綴ります。

 

さて、いよいよ メキシコ編第二章のスタートです。

メキシコでサッカー選手のキャリアをスタートし、シーズン終了。

LAの空港でのおかまちゃん・手荷物事件をへて 日本に

1ケ月程度、帰国です。

 

その前に・・・・

 

Mr.KOBAはお世話になった ネサを退団。

次回はまた、トライアルのテストを受けながらチームを探すという選択をしました。

その時に重要になる Mr.KOBAの保有権。。。

 

なんと、交渉の末、前チームのオーナーが 私にくれました、、、

ただの紙切れ。

されど、移籍には超重要な紙。。。

 

これもメキシコの奇跡かもしれません。。。

 

でも、現在2018年・・・

その大事な紙切れは・・・

どこにいったのか・・・・

 

脱線ついでに

(プチ情報も含めて・・・)

メキシコは サッカー選手に寛大な国です。

 

Mr.KOBAもサッカー選手になって 恩恵を受けたのはいうまでもありません

 

どんな恩恵??

 

外国人として扱われる、我々には絶大な効果がありました。

プロ契約をすると

自身の証明書カードが発行されます。

このカードがなかなかの 効力。。。

 

外国人として暮らす。。。

 

街歩く・・・

警官多い。

 

警官、外国人を見つける。

 

すぐに 「こっち来いと」 呼ぶ。

 

呼ばれた私たち外国人は・・・・

身分確認

パスポートだせ

 

「ふーん 日本人か 200ペソ」

手が出てくる。

 

えっ

 

歩いてるだけなんですけど・・・・

 

という具合に

 

かなりの頻度で 呼ばれます。。。

 

Mr.KOBAは途中から

メキシコ人の友達からも

しゃべらななければ

アステカ人にみえるから KOBAはいろいろ大丈夫だと言われてから

 

不思議と止められる回数が減りました。。。

 

あ・す・て・か

アステカ人。

 

タクシーも かなりの犯罪率・・・

 

バスでは 州境に検問があり、外国人は 外に出され・・・・

身分確認と・・・

お金交渉。。。

 

メキシコの名誉のために、100%ではありませんが。。。

かなりの頻度です。。。

 

Mr.KOBAが GETした サッカー選手証は

 

これらの事を全て、丸く収め、相手から

「そうかぁ、どこのチーム?がんばれよ!!」

応援を受けるという超不公平な 扱いを体感させて頂きました。。。

 

もっとも身の危険を感じた・・・・

 

メキシコの下にグアテマラという国があります。

グアテマラでもサッカーをし、メキシコでプレーしたいという

グアテマラ人にの選手と バスで国境を渡り、州境を何個か超え

メキシコシティに戻った時に・・・

 

国境を越えて すぐくらいでしょうか・・・・

 

バスが止まる。。

あー毎度の検問かぁ

 

バスが止まり。

警官が来ます。。。

 

あっれ???

 

メキシコ人も含めて 全員バスから降ろされ

整列・・・・・

 

いつもと 違う。。。

 

隣のグアテマラ人の選手を見ると。。。。

めっちゃ 震えてるやーーーん。。。

どーしたーーー?

 

そして、メキシコ人はバスに戻され。。。

 

残ったのは・・・

6名の外国人。。。

 

Mr.KOBAは 左から5番目。

グアテマラの選手は最後。6番目。。。

 

左から どんどん、お金を巻き上げられていきます。。。。

そら、けん銃持った 怪しい警官・・・

払うよね。。。

 

そして、Mr.KOBAの順番です。

 

いつもの調子で 自信満々に サッカー選手の証明書を出します。

警官・・・・・

隣の警官も・・・・・

 

なに

なんとーーーー

 

効力がない・・・・

 

これは まずーーーい!!!

 

そして、警官は私にパスポートを出せと迫ってきます。。。。

 

パスポートを見せる。。。

 

警「日本人か? じゃあ 話はこうだ。」

警「今から私がいう金額を ここで払えば、お前はバスに戻れる」

警「どうする??」

 

Mr.KOBAに神降臨。

 

K「払わない!!高すぎる!!」

 

警・・・・

呆然・・・・

 

はっとしてから

 

警「本当にいってるのか??」

 

K「本当に言ってる。払わない」

K「私はサッカー選手、私に何かあれば 協会に行きます。」

K「そして、私は日本人、私になにかあれば 領事館に行きます」

K「どうしますか??」

 

言ってしまった・・・・

 

怒りを買うだけかとおもいきや。。。

 

あっれ?

警官の様子が・・・?

 

警「コマンダンテ(司令官)に相談する」

コマンダンテって・・・・

司令官に確認するよなことなかんぁ・・・・

 

警「ちょっと待ってろ」

 

あっ

そういう事ね。。。

この脅迫まがいも

コマンダンテの指示という事ですね!!!

いつもぼーっとしてるMr.KOBA

この時は 頭が切れます。

 

そして、立派な体格のコマンダンテが登場。。。

 

コ「セニュール タダフミ コバヤシ」

コ「部下から話は聞いた」

 

そして、すかさず 身分証明書を渡す。

 

コマンダンテ、笑顔に

あー

これで解決ねーーーー

 

コ「サッカー選手か? なんでグアテマラに?」

コ「メキシコ人はサッカーが大好きだ!!」

コ「よし、バスにもどれ! がんばれよーーーー!!」

 

なんと、こんな 幕切れ

いろいろあるぜ、メキシコーーーー!!!!

 

そして、そのあとに グアテマラ人選手は・・・・

 

なんと、しっかり。。。

お金を収めさせられました。。。。泣

 

でも、彼曰く・・・

 

ガ「KOBAのおかげで、少しにしてもらえた!ありがとう!!」

 

後日談ですが。。。

彼は グアテマラ人という事で、国に帰らせられるんじゃないかと・・・

相当、ビビっていたようです。

あー

だから

ふるえてたのかぁ。。。

 

まぁ

サッカー選手証の効力を 信じて疑わずに 言い切ったMr.KOBA

今思えば・・・

素晴らしい。。。(笑)

 

脱線。。。

脱線しまくりの メキシコ編第二章

これからも続きます!!

 

では おたのしみください!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA